読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルタナ

ライブと映画

2015.1~12

<<ライブ>>1.12 ZIZ×SPEECIES ジズスピバトルトロニック@難波ロケッツ 4.23 GOATBED"THE DANCE NOT SYNDROME"@心斎橋CLUB DROP 4.24 GOATBED"THE DANCE NOT SYNDROME"@名古屋ell.size 5.19 cali≠gari"セックスと嘘とライヴハウス"@梅田AKASO 5.26 ASTROBRITE…

『マイ・マザー』

前から気になっていたグザヴィエ・ドラン監督の作品を初めて観ました。これまでの作品が軒並み高評価だったのでしょっぱなからかなり高い期待値をもって鑑賞しましたが、期待を裏切らない良さでした。ざっくり言うと母と息子の軋轢を描いた作品で、こういう…

『さらば、愛の言葉よ』 ※ネタバレあり

言わずと知れた巨匠・ゴダールの最新作を3Dで観てきました。最初から最後までゴダールの作品を一本しっかり観るのはおととしDVDで観た『勝手にしやがれ』(1959)ぶりで、実は彼の作品を見るのはこれでやっと2本目なのです。映画の知識も素養もない私だけど、…

『ファニーゲーム』

ハネケの作品の中で最も有名であろう『ファニーゲーム』をやっとこさ観ました。別に避けてたわけではなく何となく見てなかっただけなのですが、噂通りのひどい映画でした。ちなみに私がハネケに対して使うひどいは褒め言葉です。以下、ネタバレ含む感想。*正…

『アデル、ブルーは熱い色』※ネタバレあり

大好きな近代文学の先生がおすすめしていたので、絶対に観に行かなきゃ!と夏から思っていたのですが、電車で行ける範囲の映画館での上映が一切なく、仕方なくDVD化するのを待っていた作品です。これを文化の格差と呼ばずに何と呼ぼう(怒っている)。*ものす…

『フランシス・ハ』

「非モテ」とか「ハンパなわたしで生きていく。」とか別冊マーガレットで連載中の少女漫画の売り出し文句かよ、と突っ込みたくなるようコピーが付けられていたのでどうせ恋愛ドタバタハッピーコメディの類だろうと決めつけてかかり、ごく軽い気持ちで観に行…

『悪童日記』 ※ネタバレあり

上映決定って知った時から絶対に観に行こうと思ってた作品。理由は単純に双子役の二人が美しかったからというのと、原作の存在を知らなかった無知な私は悪童日記というタイトルにここぞとばかりにコミカルさを見出してしまったからです(「ご近所物語」的な)…

『イヴ・サンローラン』 ※ネタバレあり

予告が発表された時から観たくて観たくてたまらなかった映画。むかし見た白黒のドキュメンタリー映像の中で、イヴがカメラに向かって「あんまりこっちを映さないでくれ、恥ずかしいんだ。」とつぶやくように言って視線を逸らしては合わせ合わせてはまたすぐ…

『汚れた血』(1986)

ずっとみたかったやつを観ました。”愛の無いセックスで感染する病、STBOが蔓延する近未来パリ”ってどんなエロゲだよって思ってたけど話の筋立てには全然関係なかったです。じゃあどうしてこんな設定したんだろうって思って調べてみたら、その当時ちょうどエ…

『わたしを離さないで』

タイトル的にもパッケージ的にも全然好みじゃないんだけど、どこかでおすすめされていたのを思い出して期待値ゼロの状態で借りてきて観てみたら、意外と良かった作品。端的に言えば“何かの目的で選ばれ集められ、世間と隔絶した場所で育てられた子供たちの行…

『肉』 ※ネタバレあり

もしおじいちゃんがワープロの日記(うちのおじいちゃんは毎日パソコンで日記をつけています)に今日のブログのタイトルを打ってるシーンを目撃したら「ついにきたか…」と要らぬ覚悟をしてしまいそうなほど不可解なタイトルですが、れっきとした映画のタイトル…

『地獄でなぜ悪い』(2013) ※ネタバレあり

DVDで出てたので借りてきました。園子温作品は当たり外れというか好き嫌いの差が作品によってものすごいから、いつも一か八か半ば賭けみたいな気持ちで観てるんだけどこれは当たりだった。深夜一人真っ暗な部屋の中で「ンフッ」っというなめこさながらのじめ…

早熟のアイオワ(※ネタバレあり)

久しぶりに映画館に行ってきました。 初ひとり映画鑑賞&初レイトショーということでいつもより多めに心臓を打ち鳴らしたり濃厚なドーパミンを分泌したりしながら、ひっそりと真ん中の列の真ん中の席に座りました。一列につき平均一人、しかもほぼ全員一人で…

ロストイントランスレーション

コッポラの撮ったやつだからという理由でとりあえず観てみた映画。コッポラというとどうしてもヴァージン・スーサイズの少女!退廃!映像美!というイメージが頭に強くあって、これもそういうイメージから入って観たんだけどテイストはだいぶ違った。こっち…

17歳のカルテ

これもピンポンと同じでずっと前から観よう観ようと思ってて長らく観てなかった分。思ってたよりも素晴らしかった。思ってたよりも、というか想像してた雰囲気とは違ったけどそれが良い裏切りのほうだったというほうが正しいかな。例によってあらすじはろく…

戦場のメリークリスマス

”戦場の”という冠から戦争をテーマにした映画だというのは火を見るより明らかだったので男臭さを全面に押し出した血の匂いが充満する内容だと自動的に予想していたわけですが、実際は男ならではのプラトニックさを全面に押し出した薔薇の香りが充満するお話…

エコール

夏休みに友達と遊ばずに図書館の書庫でひとり嶽本野ばらを熟読するようなうす暗い青春時代を送った経験がある人や小さい女の子コンプレックスの人にはたまらない映画です。教会の裏のハムスター専用墓地とかに満月の晩にそっと埋葬して後者の眼には出来るだ…

ピンポン

観ても観なくてもどっちでもいいかなでもスルーするにはちょっと勿体ないし窪塚だし観ておいたほうがいいかなと1年くらい悩んでやっと観た。かの有名な”I can fly”(意:26mから飛び降りてもかすり傷で済む)ってことわざはここから生まれたんですね。それが知…

マルコヴィッチの穴

ライト系いかがわしいお気楽コメディなのかしらんと思って観てみたんだけど結構色んなエッセンスが多く盛り込まれてて、いい意味で期待を裏切られて良かった(あとで調べてみたらアカデミー監督賞受賞作だったようで、そりゃあただのいかがわしいコメディじゃ…

縞模様のパジャマの少年

かわいい外国の男の子が見たい!という多少よこしまな感情を胸に借りてきた映画だったけど、思いのほか重くってラストはおしゃぶりを取り上げられた幼な子のように口をポカンと開けて観てしまった。いつも映画を見るときは詳しいあらすじを確認せずに、好き…

2012.4~2013.12

2012 ・愛のむきだし(上)(下) ・冷たい熱帯魚 ・乱歩地獄 ・乱暴と待機 ・書を捨てよ町へ出よう ・フリークス ・アリス(ヤン・シュヴァンクマイエル) ・ヒミズ ・モテキ ・エクステ ・ヘルタースケルター ・大奥 2013 ・紀子の食卓 ・風立ちぬ ・スタンド・…