読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルタナ

ライブと映画

2016.1~2016.12

<<ライブ・イベント>> 3.11 GOATBED TOUR"FAN&DEATH"@札幌COLONY 3.12 GOATBED TOUR"FAN&DEATH"@札幌COLONY 3.21 GOATBED TOUR"FAN&DEATH"@名古屋ell.FITS ALL 3.25 Sexy Zone "Welcom to Sexy Zone Tour"@名古屋ガイシホール 3.26 GOATBED TOUR "FAN&DEATH"…

GOATBED"Se Tag Aya - Re:Public GB@Publicity"8.30・31@世田谷パブリックシアター

久しぶりの更新になってしまいましたが、この間決してIG(=Ishii Gal)としての活動をサボっていたというわけではなく、3月にはゴートのワンマンを見に単身北海道まで飛びましたし、春に行われたカリガリのツアーとインストにも勿論参加しました。そこでまさ…

2015.1~12

<<ライブ>>1.12 ZIZ×SPEECIES ジズスピバトルトロニック@難波ロケッツ 4.23 GOATBED"THE DANCE NOT SYNDROME"@心斎橋CLUB DROP 4.24 GOATBED"THE DANCE NOT SYNDROME"@名古屋ell.size 5.19 cali≠gari"セックスと嘘とライヴハウス"@梅田AKASO 5.26 ASTROBRITE…

GOATBED"HEAVIER THAN A DEATH IN THE FAMILY"12.4@渋谷 CLUB QUATTRO

今年もまた石井秀仁バースデー(前)ライブに行ってきました。2012年の初参加から(そのライブが記念すべき初ゴートでもありました)、4年連続フライングお祝いに駆けつけられているようで嬉しい限りです。ということで石井さん38歳のラストギグの感想をしたため…

cali≠gari シリーズ"街"本八幡発狂 ~La' royque de zavy CD発売記念GIG~11.28@本八幡Route Fourteen

はじめにこのライブの一番の思い出を語っておくと、こんなにも始まるまでが憂鬱だったライブは初めてでした。理由はもちろんコスプレ限定。今回のこのシリーズ"街"は1回目が金髪限定、2回目が制服限定、そしてムックとのツーマンを挟んでのこの4回目がコスプ…

岡村ちゃんのライブに初めて行ってきた話

去る11月5日に人生初の岡村靖幸ライブツアー、"愛の意味"に参加してきました。ということで早速ですが岡村ちゃんとの初DATE@大阪の感想をざっくりと記しておきたいと思います。 * 19時を少し過ぎてから会場のライトが一斉に落ち、青いレーザーが幕の上に何…

『マイ・マザー』

前から気になっていたグザヴィエ・ドラン監督の作品を初めて観ました。これまでの作品が軒並み高評価だったのでしょっぱなからかなり高い期待値をもって鑑賞しましたが、期待を裏切らない良さでした。ざっくり言うと母と息子の軋轢を描いた作品で、こういう…

GOATBED"火花散る真夏の夜"8.23@心斎橋CLUB DROP

4か月ぶりのGOATBEDに行ってきました。ライブ自体は5月末に観たAstrobrite以来3か月ぶりだったのですが、このところ私生活が多忙を極めており、体感的には1年くらいライブに行っていない気分だったので少しばかり身を固くしながらの参加でした。開演とほとん…

cali≠gari"セックスと嘘とライヴハウス"5.19@梅田AKASO

cali≠gari第8期初となる全国ツアー、"セックスと嘘とライヴハウス"@大阪に行って参りました。チケ発の際に新人高校生バイトくんから受けた、ドヤ街に打ち捨てられた使用済み注射器を見るような侮蔑的な眼差しが忘れられません。初めて夜の新宿歌舞伎町を見た…

GOATBED"THE DANCE NOT SYNDROME"4.24@名古屋ell.size

昨日の大阪に引き続き名古屋にも行って参りましたのでこちらの感想も残しておきます。*今ツアーは最初の公演が番外編ということで、生ドラムを入れての特別ステージだったのですが、何のいたずらか急遽名古屋もその編成に。その時の評判がそれなりにそれなり…

GOATBED"THE DANCE NOT SYNDROME"4.23@心斎橋CLUB DROP

「…みなさん曲中って踊ったりしないんですね。弟もあんな感じだし、俺はステージで孤独を感じている…。」(石井秀仁38歳のバースデーイブライブにて) ―――去る12月の独白のワンマンライブから約4ヶ月、"THE DANCE NOT SYNDROME(踊れない症候群)"というなんとも…

所感:cali≠gari『12』

カリガリ3年ぶりのオリジナルフルアルバム『12』が3月11日に発売されました。3月というと私がカリガリを好きになるきっかけになった伝説のチビアルバム『ジュウイチジャナイ』が発売されたのも丁度3月の候でして、ファン歴というものが"好き"の物差しに直結…

『さらば、愛の言葉よ』 ※ネタバレあり

言わずと知れた巨匠・ゴダールの最新作を3Dで観てきました。最初から最後までゴダールの作品を一本しっかり観るのはおととしDVDで観た『勝手にしやがれ』(1959)ぶりで、実は彼の作品を見るのはこれでやっと2本目なのです。映画の知識も素養もない私だけど、…

『ファニーゲーム』

ハネケの作品の中で最も有名であろう『ファニーゲーム』をやっとこさ観ました。別に避けてたわけではなく何となく見てなかっただけなのですが、噂通りのひどい映画でした。ちなみに私がハネケに対して使うひどいは褒め言葉です。以下、ネタバレ含む感想。*正…

ZIZ×SPEECIES ジズスピバトルトロニック1.12@難波ロケッツ

新年一発目のサイエンスフィクションなライブに行ってきました。思い返せば去年は石井さんかロビンさんの出てるライブにしか行っていなかったので、視野を広げるという意味で幸先のいいライブ初めになったのではないでしょうか。*まず最初にダンスのパフォー…

2014.1~12

<<映画>>・アメリカン・ビューティー・縞模様のパジャマの少年・マルコヴィッチの穴・ピンポン・戦場のメリークリスマス・エコール・ロストイントランスレーション・17歳のカルテ・早熟のアイオワ・砂と霧の家・地獄でなぜ悪い・肉・アナと雪の女王 ・ロード…

『アデル、ブルーは熱い色』※ネタバレあり

大好きな近代文学の先生がおすすめしていたので、絶対に観に行かなきゃ!と夏から思っていたのですが、電車で行ける範囲の映画館での上映が一切なく、仕方なくDVD化するのを待っていた作品です。これを文化の格差と呼ばずに何と呼ぼう(怒っている)。*ものす…

『フランシス・ハ』

「非モテ」とか「ハンパなわたしで生きていく。」とか別冊マーガレットで連載中の少女漫画の売り出し文句かよ、と突っ込みたくなるようコピーが付けられていたのでどうせ恋愛ドタバタハッピーコメディの類だろうと決めつけてかかり、ごく軽い気持ちで観に行…

GOATBED"Re-birth gift of the price ratio"12.5@新宿ReNY

すっかり冬の季語として定着しつつある、石井秀仁バースデー(前)ライブに行ってきました。チケットもばっちりと先行で手に入れ、準備も気合も十分すぎるほど十分だったのですが、東京の交通網をナメて行動していたため結局入場出来たのは開演後という悔しい…

所感:downy『第三作品集』

初めて聴いたdownyのアルバムが「第五作品集」だっただけに、この「第三作品集」を初めて試聴した時はなんか地味だなぁと思って買うのを完全に後回しにし続けていたんだけど、最近ようやっと購入するに至り、さていざじっくり向き合って聴いてみると驚くほど…

『悪童日記』 ※ネタバレあり

上映決定って知った時から絶対に観に行こうと思ってた作品。理由は単純に双子役の二人が美しかったからというのと、原作の存在を知らなかった無知な私は悪童日記というタイトルにここぞとばかりにコミカルさを見出してしまったからです(「ご近所物語」的な)…

downy『無題』TOUR10.17@梅田クラブクアトロ

downy"無題"ツアー、2日目の大阪に行って参りました。昨晩の音圧で受けた火照るような感覚の痺れが取れぬまま、またもや同等の衝撃に飛び込んでいくという希代の向こう見ずさを発揮してきました。以下、昨日に引き続き感想とちょっとレポートっぽいレポート…

downy『無題』TOUR10.16@名古屋クラブクアトロ

downyワンマンツアー、"無題"に行って参りました。downyのステージを見るのはこれで3回目で、1回目は3マン、2回目は2マンといった具合でじりじりと距離を詰めていたのですが、今回ついに念願のワンマンを観に行くことができ感無量です。そして律儀に家から着…

digmeout ART & DINER x FLAKE RECORDS 8th Anniversary 9.26

去る9月26日、FLAKE RECORDSの8thアニバーサリーイベントに行ってきました。正直に申し上げますと、このライブの1週間前までFLAKE RECORDSというものが何者なのかも全く分からなかったし、フレークといえば真っ先にシャケを思い浮かべるごく一般的な思考回…

『イヴ・サンローラン』 ※ネタバレあり

予告が発表された時から観たくて観たくてたまらなかった映画。むかし見た白黒のドキュメンタリー映像の中で、イヴがカメラに向かって「あんまりこっちを映さないでくれ、恥ずかしいんだ。」とつぶやくように言って視線を逸らしては合わせ合わせてはまたすぐ…

『汚れた血』(1986)

ずっとみたかったやつを観ました。”愛の無いセックスで感染する病、STBOが蔓延する近未来パリ”ってどんなエロゲだよって思ってたけど話の筋立てには全然関係なかったです。じゃあどうしてこんな設定したんだろうって思って調べてみたら、その当時ちょうどエ…

『わたしを離さないで』

タイトル的にもパッケージ的にも全然好みじゃないんだけど、どこかでおすすめされていたのを思い出して期待値ゼロの状態で借りてきて観てみたら、意外と良かった作品。端的に言えば“何かの目的で選ばれ集められ、世間と隔絶した場所で育てられた子供たちの行…

GOATBED TOUR 2014 「2×2」 8.25、26@心斎橋FANJ twice

2か月ぶりのゴート、半年ぶりのワンマン、1年ぶりのツアー「2x2」@大阪に行って来ました。今回もきっちりとセトリ忘却初段くらいの腕前を発揮してきましたので、あんまりどんな曲をやったかは覚えていません。しかし私のような人のためにか、今回はライブ終…

『肉』 ※ネタバレあり

もしおじいちゃんがワープロの日記(うちのおじいちゃんは毎日パソコンで日記をつけています)に今日のブログのタイトルを打ってるシーンを目撃したら「ついにきたか…」と要らぬ覚悟をしてしまいそうなほど不可解なタイトルですが、れっきとした映画のタイトル…

Shinjuku Loft Presents"Hallo Neu ElectrickTwo GOATBED/新宿ゲバルト"6.8@新宿LOFT

執念と祈祷でチケット大戦争を勝ち抜きついに行って参りました!ゲバゴート!ゲバは高校生の頃からCD聴いたり戸田さんのツイッターを見たりなんやりしてずーっと気になってたバンドだったのですが、なかなか遠征まで踏み切れず見る機会を逃し続けていたバン…

cali≠gari"科学と学習"5.10@名古屋ボトムライン

禁色ツアー以来実に8か月ぶりのcali≠gariを観に行って参りました。Twitterやらなんやらで常に情報や動向は目にしているので精神的には3日ぶりくらいだったのですが、案外ご無沙汰のようでした。そしてセトリ忘れるおばけで有名な私が今回はなぜかセトリもMC…

『地獄でなぜ悪い』(2013) ※ネタバレあり

DVDで出てたので借りてきました。園子温作品は当たり外れというか好き嫌いの差が作品によってものすごいから、いつも一か八か半ば賭けみたいな気持ちで観てるんだけどこれは当たりだった。深夜一人真っ暗な部屋の中で「ンフッ」っというなめこさながらのじめ…

GOATBED"CRAZY WHITE SPIRAL"3.22@CLUB DIANA

3か月ぶりのGOATBEDを観に行って参りました。場所がザギンのイケイケパーリナイなクラブということで果たして自分のような青臭い小娘が入場を許されるのかと直前まで気を揉みに揉み続け、揉み過ぎのあまり開場の頃には精神がペースト状と化していたのですが…

”KINOSHITA NIGHT 2014”@BIG CAT

3月14日、BIG CATで行われたKINOSHITA NIGHT2014に行ってきました。 アート・ノーベンバーズ・downyという私にとってはこれ以上のメンツはないといった対バンで、発表を聞いたときは盆と正月と還暦とお迎えが一気に来たようなまさに天にも昇る心地でした。あ…

早熟のアイオワ(※ネタバレあり)

久しぶりに映画館に行ってきました。 初ひとり映画鑑賞&初レイトショーということでいつもより多めに心臓を打ち鳴らしたり濃厚なドーパミンを分泌したりしながら、ひっそりと真ん中の列の真ん中の席に座りました。一列につき平均一人、しかもほぼ全員一人で…

ロストイントランスレーション

コッポラの撮ったやつだからという理由でとりあえず観てみた映画。コッポラというとどうしてもヴァージン・スーサイズの少女!退廃!映像美!というイメージが頭に強くあって、これもそういうイメージから入って観たんだけどテイストはだいぶ違った。こっち…

17歳のカルテ

これもピンポンと同じでずっと前から観よう観ようと思ってて長らく観てなかった分。思ってたよりも素晴らしかった。思ってたよりも、というか想像してた雰囲気とは違ったけどそれが良い裏切りのほうだったというほうが正しいかな。例によってあらすじはろく…

戦場のメリークリスマス

”戦場の”という冠から戦争をテーマにした映画だというのは火を見るより明らかだったので男臭さを全面に押し出した血の匂いが充満する内容だと自動的に予想していたわけですが、実際は男ならではのプラトニックさを全面に押し出した薔薇の香りが充満するお話…

エコール

夏休みに友達と遊ばずに図書館の書庫でひとり嶽本野ばらを熟読するようなうす暗い青春時代を送った経験がある人や小さい女の子コンプレックスの人にはたまらない映画です。教会の裏のハムスター専用墓地とかに満月の晩にそっと埋葬して後者の眼には出来るだ…

ピンポン

観ても観なくてもどっちでもいいかなでもスルーするにはちょっと勿体ないし窪塚だし観ておいたほうがいいかなと1年くらい悩んでやっと観た。かの有名な”I can fly”(意:26mから飛び降りてもかすり傷で済む)ってことわざはここから生まれたんですね。それが知…

マルコヴィッチの穴

ライト系いかがわしいお気楽コメディなのかしらんと思って観てみたんだけど結構色んなエッセンスが多く盛り込まれてて、いい意味で期待を裏切られて良かった(あとで調べてみたらアカデミー監督賞受賞作だったようで、そりゃあただのいかがわしいコメディじゃ…

縞模様のパジャマの少年

かわいい外国の男の子が見たい!という多少よこしまな感情を胸に借りてきた映画だったけど、思いのほか重くってラストはおしゃぶりを取り上げられた幼な子のように口をポカンと開けて観てしまった。いつも映画を見るときは詳しいあらすじを確認せずに、好き…

2012.4~2013.12

2012 ・愛のむきだし(上)(下) ・冷たい熱帯魚 ・乱歩地獄 ・乱暴と待機 ・書を捨てよ町へ出よう ・フリークス ・アリス(ヤン・シュヴァンクマイエル) ・ヒミズ ・モテキ ・エクステ ・ヘルタースケルター ・大奥 2013 ・紀子の食卓 ・風立ちぬ ・スタンド・…